【3日目】夜のお仕事3日目で指名をとる方法

adult, beautiful, bedわたしは昼は一部上場企業で働き、夜は水商売をしています。

今回は水商売を始めたばかりの人でも3日目で指名をとる方法をご紹介しようと思います。水商売をやっていない方にも、面と向かって人と話すことが苦手な人や、口下手で誤解されて損をしている人、話し方でチャンスを掴みたい人、皆さんに向けたヒントになると思います。ぜひシリーズで読んでみてください。


合わせて読みたい:

1日目はお客さんと離れた場所からビームを送るなどして自分をアピールする日で、2日目はとにかく隣に座った人としっかりコミュニケーションをとる日でした。3日目の今回はお客様ともっと打ち解けて、何度も会いに来たくなる女性になるためのテクニックをご紹介します。

スポンサーリンク

可愛い嘘をつこう

Pink and Red Balloons during Daytime

水商売を始めてから学んだことは「モテる女は嘘が上手」ということです。誰かを傷付ける嘘ではなく、喜ばせる嘘に長けているのです。

例えば、あなたが友人にプレゼントをあげたとしましょう。友人が「え!これ欲しかったってなんでわかったの?」と言って喜んでくれたらどうでしょう。こんなことを言われると誰でも嬉しいですよね。

水商売での接客はまさにこの「小さな嘘」の積み重ねなのです。相手に「そうだよ、俺はお前のことお見通しなんだ」と思わせることが大切なのです。なんでもいいんです。「ネイル変えた?」「今日お肌綺麗じゃない?」などお客様が指摘してくれたことには例え何も変わってなくたとしても「え!なんでわかったの?」と小さな嘘をついて相手を喜ばせてあげましょう。

小さいことを相談しよう

adult, beautiful, blur

誰だって何かを相談されると、頼られているということに自分の優越感が満たされるものです。お客様の優越感を満たしてあげるのもモテる女性の技次第です。

「実はね…」と真面目に相談して「この女性は俺に心を開いて頼ってくれてる」と思わせましょう。ここでの注意点は、本当の悩みは相談しないこと。本気の悩みを相談すると場合によっては自分が傷ついたり、相手に対して感情的になってしまうので、あくまでも用意した仮の悩みを自然に発表しましょう。

仮の悩み例:

  • 最近早起きできないんです
  • 親と喧嘩しがちなんです
  • 実は学生の頃からの夢があるんです

などなんでもいいので重すぎない悩みを共有しましょう。

ささやかな約束をしよう

bloom, blossom, bouquet

人は誰かと約束をすると、ふとした瞬間に相手のことが頭をよぎったり、約束を果たすために相手にまた会いに行ってしまいます。つまり、約束はお客様にとって私たちにまた会う良い口実になるのです。

会話の中でお客様と「ささやかな約束」を結ぶことを意識してみましょう。例えば「美味しいお寿司屋さんがあってね」という話になったら「是非連れて行ってください!」とすかさず返しましょう。「この前読んだ漫画がおもしろくてさ」という話には「私も読んでみたいなぁ」と言い「今度持ってくるよ」となります。

お別れの際にそのささやかな約束をやんわりリマインドしてあげましょう。「食べるネタ考えておきますね」だったり、「漫画楽しみにしてますね」など、さよならと一緒に次に繋がるひとことを添えてあげましょう。その場がサラりと流れても、お寿司や漫画を見る度にあなたのことを思い出す仕組みができ、約束を果たすという口実ができるのでまた会いに来やすくなるのです。

いかがでしたでしょうか?夜のお仕事3日目で指名をとる方法シリーズで3回にわたって連載でヒントを紹介いたしました。もうおわかりかと思いますが、このシリーズで紹介したテクニックはどれもすぐにでもできる簡単なことなのです。人見知りさんだって、甘え下手さんだって、コツさえつかめばすぐに実践できるのです。水商売だけの世界だけではなく、お昼の仕事や人間関係全般において実用的なヒントになります。ぜひ実践をして、誰からも愛される女性になってみてください。

水商売を始めた頃に読んでいたバイブル的書籍です。この本のおかげで自分を見失わずに、自分を安売りせずに夜のお仕事を続けることが出来ました。これからお水の世界に入ろうとしている人、なかなか上手くいかない人にお勧めです。
水希 『銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

夜は銀座でNo.1ホステス。でも昼は心理カウンセラー!?カウンセリングで学んだ技術をお店でも使ってみたら、最初は失敗ばかりだった自分がいつの間にかNo.1に!もしあなたが今、コミュニケーションに悩んでいるなら、本書で紹介するテクニックを自分のものにしていきましょう!一つずつ武器を増やしていき、気づいたときには、きっと相手の心をグッとつかめる自分になっていますよ。

合わせて読みたい:

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です