昼はOL・夜は水商売の私がマーケティングをやりはじめた

apple, businesswoman, computer

わたしは昼は一部上場企業で働き、夜は水商売をしています。

先日、社会人人生で初めて一部上場企業のマーケッターとして商品企画や販売促進を行う担当に抜擢されました。いつかきっと!と思いこれまでもコツコツ勉強をしていたので念願の配属です。

さて、「【昼はOL・夜は水商売】asukaのマーケティング実践シリーズ」ではそんな私の等身大で実践的なマーケティングをシリーズでご紹介できればと思います。

「【昼はOL・夜は水商売】asukaのマーケティング実践シリーズ」第1弾は「おさえておきたいマーケティング3原則」をわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

マーケティングとは:モテるための作戦のこと

マーケティングと一言でいっても、世の中にはマーケティング関連の書籍であふれています。これまでたくさんの書籍を読んできた結果、私はマーケティングとは「モテるためにたてる作戦」と結論づけました。なぜなら、どの本に書いてあることも全て、人から選ばれるための努力(夜のお仕事で言えば指名を取ること)に置き換えられるからです。

私は掛け持ちで水商売をしている関係上、夜は自分という商品をたくさんの男性に売り込み、指名を勝ち取る必要があります。オフィスと夜の世界は一見正反対の世界のように思われがちですが、そうではありません。

自社の商品やサービスがたくさん、かつ効率的に売れるようにするための販売戦略がマーケティングであれば、自分がたくさんかつ効率的にモテるようにするための作戦もまた、マーケティングなのです。

それではモテるための3原則をご紹介します。

1. 限定感を与えて急かす

売り場や広告で「先着100名様限定!」「数に限りがございます。ご注文はお早めに!」などの表現を目にしますよね。これらはすべて顧客に「限定感」を与えるための戦略です。オイルショックの購買にみられるように、限定感を受けると人は自然と今買わなきゃ損するのではないか、あとで後悔するのではないか、と不安になり、その不安を解消するために商品に手を伸ばしてしまうのです。

恋愛でも同じです。毎日ヒマそう、彼氏もいなそう、趣味もなさそう=いつでも簡単に手に入りそうな女性は(都合の良い女としてはモテるかもしれませんが)まず本命としては人気がでませんよね。それに引き替え、今声かけないと誰かにとられちゃいそうな女性がモテるということです。

限定感をあおる表現例

-ビジネスホテルの予約サイト:「このページをご覧になっている方が5人います」

-アパレルショップの店員:「こちらがラスイチになります」

-不動産:「この物件は他に仮押さえしようとしている方がいるので決断するなら今ですよ」

2. 触らせて所有欲をくすぐる

高級なアクセサリーや時計など、指をくわえて見ていると、店員さんに「付けてみますか?」と話しかけられますよね。何故でしょう?それは彼らは本物に触れさせることが「効果的な販売戦略」と知っているからです。なぜなら人は商品に触ることで、重さや質感の想像が実際の経験に変わり、親近感がわき、持って帰りたくなる所有欲を刺激されるからです。

夜の世界でも同じです。簡単におさわりとは言いませんが、実際に対面で話すこと、香水の香りがふわっと香ること、軽いボディタッチも含めて、全てお客様の経験になり、自分のものにしたくなるのです。私の写真を見ているだけでの人とは比較にもならないくらいの体験になります。

さらに、高級万年筆は実際に商品を持たせてみせた後、なんと手鏡で客の手元を見せるのです。高級な万年筆を持っている姿を客観的に見せることで、他の人に見られる姿をイメージさせ、ステータスから来る購買欲をくすぐる訳です。

これは男性が綺麗な女性と街を歩きたがったり、助手席に乗せたがることと同じです。他から見られているそんな自分のステータスが上がるからです。

「まずはお試しあれ」な表現例

-英会話教室:「体験レッスン実施中!まずは気軽にお申し込みを!」

-百貨店の化粧品売り場:「新商品のサンプルです。ぜひお試しください。」

3. 「電話してね、約束ね。」と次の行動を教えてあげる

「続きはWEBで」 「まずは資料請求を」「今すぐお電話ください」などCMや広告では必ず次の行動を丁寧に表現しています。日々情報が溢れる中、顧客には簡素にそして具体的に「お願いしたいこと」を伝えてあげないと印象に残りません。

夜の世界でも、お客様とはできるだけ小さな約束をすることにしています。「また来てね」「電話ちょうだいね」「今度同伴に連れて行ってね」などがそれです。”次”を想像させることももちろんですが、「そういえば○○してっていってたな」と私のことを思い出すこととセットで行動を起こさせることができるのです。

次の行動を促す表現例

CM「○○で検索!」

広告A「書店へ急げ!」

広告B「過払い請求に関するお問い合わせはお電話で」


いかがでしたか?今回ご紹介したマーケティング3原則は極めて基本的なものでしたが、身近なもので例えてみると納得できることが多かったと思います。世の中の人の購買活動は企業が仕組んだマーケティング戦略の元に成り立っている、と考えると面白いですよね。

今回のノウハウはほんの一部です。数あるマーケティング本の中から特に参考になるのはこちら、神田さんの書籍です。ずいぶん昔に書かれた本にもかかわらず古くならない本質的なエッセンスがちりばめられています。ぜひ参考にしてみてください。

時が経てば経つほど、効果を発揮するノウハウの塊。
 記憶喪失になっても覚えていたいマーケティングの原則。
 これらがドンと詰まった1冊です。


 神田昌典著『不変のマーケティング

合わせて読みたい:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です