愛される女性の知性の磨き方

Coffee & magazine

みなさんこんにちは。わたしは昼は一部上場企業で働き、夜は水商売をしています。今回は愛される女性の知性の磨き方について書きたいと思います。

突然ですが、無知な女性が愛されるのは20代前半までです。20代後半から愛される女性には知性がつきものです。インテリジェンスをひけらかすのではなく、ただひとりの女性として、何も知らない女性は話に広がりがなく、飽きられてしまいます。

とはいえ、突然日本経済新聞を手に取ってみたり、難しい名著を手に取ってみたりするのは危険です。大切なことは、無理をしないこと。自分の身の丈にあったこと始めることが知性を磨く第一歩です。

そして新聞や書籍を読むことは「目的はではなく手段」ということを忘れないでください。新聞を読むことでやった感に満たされないように気をつけてください。そしてまずは「継続を第一目標」にしてください。無理をしすぎずにまずは自分のペースが大切です。

世の中を知るには新聞


ニュースはYahoo!ニュースやグノシーで十分じゃん、という声が聞こえてきそうですが、やはりこのご時世でも新聞は強いです。なぜなら世の中の重大な順に編集されていて、かつ一覧性があるからです。WEBニュースはクリックされればされるほど書き手に報酬がはいるので、大げさにかかれがちで、また自分の興味のある記事しか読まなくなる癖がついてしまいます。

昼の世界でも夜の世界でも私たちは「新聞世代」の人たちを相手にしています。企業の管理職クラスは毎朝新聞を読むことが習慣になっています。そして水商売はきまってそんな人達が夜の接客相手なのです。

まずは一般紙を一部だけ駅やコンビニで購入してみてください。 テレビ欄より先に、見出しと社説を中心に読んでみてください。小説と違い、最初から熟読する必要はありません。基本は「飛ばし読み」です。見出しだけ、リードだけ、記事全体と段階を決めて読むのです。 3分だけでもいいから新聞に触れることから始めてみましょう。

スポンサーリンク

物事を理解するには書籍


普段本を読まない人は、とにかくまずは本屋さんに行ってください。本屋さんはネットと違い、自分には全く無関係と思われる棚にもそのジャンルの本がびっしり並んでいて、その本を興味深げに見ている人達がいます。そんな陳列棚やそこに集まる人達を見ているだけで興味が広がり視野も広がります。

贔屓にしてくれているお客様が金融関係なら、「初心者のための~」と書かれた金融の入門書を手にとって見てください。仕事の次のプロジェクトがIoT関連であっても同じことです。何事も理解するには、膨大な時間をかけて作られた本を手にするのが1番手っ取り早いのです。

本屋さんには陳腐な本もたくさん隠れています。良書と出会うには、タイトルだけに騙されずに、帯を見て出版社の気合いをみましょう。次に一番最後のページにある筆者のプロフィールに目を通し、経歴をチェックしましょう。そして最後に、はじめにとおわりにを立ち読みしましょう。よし、この人の言うことなら信用できると感じたら思い切って買いましょう。

新しい出会いには雑誌


ファッションやお料理など自分の興味がある雑誌は買うけれど、その他は素通りという方も、ぜひ本屋の雑誌コーナーの自分が普段絶対手に取らない雑誌を立ち読みしてみてください。全く分野が違う世界のものに触れると思わぬ発見があるはずです。

夜のお仕事をしている人であれば、男性の趣味雑誌は必ず抑えておきましょう。最新の車や時計など、男性の憧れの対象が並んでいます。お店で「あ、これ新作の時計ですね」と気づいてもらえると嬉しいものです。

いかがでしたでしょうか。まずは本屋さんに行くことから始めてみてください。

 

 池上 彰・佐藤 優 著
『僕らが毎日やっている最強の読み方』

「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」をどう読めばいいのか?そこから「知識と教養」をいっきに身につける秘訣とは?みんなが知りたかった「2人の知の源泉」が、いま明らかに!

あわせて読みたい:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です