【1日目】夜のお仕事3日目で指名をとる方法

Tilt Shift Lens Photography of Black Haired Woman

わたしは昼は一部上場企業で働き、夜は水商売をしています。

今回は水商売を始めたばかりの人でも3日目で指名をとる方法について連載で書こうと思います。


合わせて読みたい:


夜の世界で愛される女性は、誰よりも美人で誰よりも胸が大きくて誰よりも甘え上手で・・・と思っていませんか?実はそんなことはありません。元銀座No.1ホステスで心理カウンセラーの水希さんは「愛されるのはなんとなくもう少し側にいてほしいような、会話したいような暖かい雰囲気を持っている子」といっています。夜の世界は決して見た目だけの世界ではなく、「居心地がよくて自分に寄り添えってくれる女性」が人気を勝ち取ることが出来るんです。

はじめましてはとびきりの笑顔で


最初は誰でも先輩の席に付かせてもらい、ママや先輩から「この子今日からなのよろしくね」と紹介されます。ここでの印象があなたの今後を左右するので、とびきりの笑顔でお客様の目をみて「○○です、よろしくお願いいたします。」といいましょう。

席に着いたら主役と監督を見つける


席に着いたらまずお客様の中で主役(1番偉い人・接待される側)と、監督(この店を選んだ人・接待する側)は誰かを見分けます。

監督は主役の機嫌をとることに集中し、主役との関係性を良くするために集中するので、一緒に主役に対する気遣いでサポートしてあげてください。監督に気に入られたら次もお声がかかります。

主役は女性たちの関心を独り占めしたいので、話に相づちを打ち、相手が求めるリアクションをとって、その期待に応えてあげましょう。

とはいえ、初日から新人がお客様の隣に座れることはまずありません。まず新人はお客様から遠い席でお酒を作ることが仕事です。「そんなに離れているのにどうやって気に入られるの?」と思うでしょう。離れたところからでもちゃんと「ビーム」を送ればいいんです。

スポンサーリンク

遠くから送る”似ているビーム”


心理学の基本として、相手の行動をマネすると、相手から「親近感」を得られやすくなるといわれています。席が離れていたとしても、この技は使えます。例えば相手が頬を触ったら、自分も頬を触る、グラスを手に取ったら、自分もお酒を飲む、という簡単な方法です。(もちろん、タバコをてにとったら真似せずに、あなたはライターを持ってくださいね)

声のトーンやテンションも合わせましょう。ぼそぼそと恥ずかしげに話す人にはテンションを上げすぎずに相手と同じ小さな声で話すことで、安心感を与え「この子は俺と似ているな」「居心地がいいな」と思わせることができます。


水商売1日目は今回紹介したポイントを抑えて実践しつつ、人気がある先輩の振る舞いをよく観察することに徹しましょう。2日目はいよいよ狙いを定めた1対1のコミュニケーション方法、3日目はお客様にあなたの存在を意識させる方法をご紹介いたします。

水商売を始めた頃に読んでいたバイブル的書籍です。この本のおかげで自分を見失わずに、自分を安売りせずに夜のお仕事を続けることが出来ました。これからお水の世界に入ろうとしている人、なかなか上手くいかない人にお勧めです。
水希 『銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方

夜は銀座でNo.1ホステス。でも昼は心理カウンセラー!?カウンセリングで学んだ技術をお店でも使ってみたら、最初は失敗ばかりだった自分がいつの間にかNo.1に!もしあなたが今、コミュニケーションに悩んでいるなら、本書で紹介するテクニックを自分のものにしていきましょう!一つずつ武器を増やしていき、気づいたときには、きっと相手の心をグッとつかめる自分になっていますよ。

合わせて読みたい:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です