うまくいっている女性の生活習慣

Closeup of a young woman applying perfume

本当はやせたいんだけど・・・本当は英語を勉強したいけど・・・

私たちは「こうするべきだ」ということは頭ではわかっていても実際に行動できていないことがほとんどです。

もっと時間があったら・・・生活に余裕があれば・・・と言い訳をして正当化してしまいがちです。

ベストセラー本の人生を変える習慣のつくり方がそんなタラレバな人生から抜け出すには、4つの習慣を整えるだけでいいと教えてくれました。

  1. 睡眠
  2. 運動
  3. 整理整頓

要は日々の習慣を変えれば人生が変わるということです。
たまに辛いことをするより、毎日の習慣=癖にしてしまったほうが「楽」と考えてしまいましょう。

スポンサーリンク

1.睡眠:いつもより30分だけ早く起きてみる それを1週間続けてみる

科学的に早起きは脳に良いことが証明されています。これまでより30分早起きを心がけ、それを継続してみましょう。もちろん、起きたらすぐ太陽光を浴びてセロトニンの分泌を活性化させましょう。

2.食:いつもよりペットボトル1本多くお水を飲んでみる それを1週間続けてみる

デトックスや腸内を整えるために水は必要です。意識して水を取ることで体内の循環を促進してみましょう。肌つやがよくなり、便秘知らずになれます。

3.運動:まずは週に1回運動してみる それを1ヵ月続けてみる

運動を人生に取り入れるか入れないかでその人の人生に大きく差が出てきます。肉体に及ぼすメリットはもちろん、精神に及ぼすメリットも計り知れないほど大きいからです。走った後の疲れを想像してみてください。きっと充実感にあふれています。

4.整理整頓:モノの定位置を決めて使ったら戻してみる それを1週間続けてみる

複数のモノが一度に視界にはいると人は意識が散漫になり集中できなくなってしまいます。シングルタスクで集中することができるように、できるだけモノはそれぞれの居場所にしまっておきましょう。

どんなこんなんなことでも、面倒なことでも、習慣にしてしまえばこっちのもんです。

 


これまでよりももっとステキになるために

目標をたて、それに向けて具体的にやることを日時や頻度と一緒に明記する

目標は立てて満足しがちなので、必ず具体敵に、数字を交えて設定すること。

新しい挑戦をするときは手順をリスト化すること

誰だって新しい挑戦は怖くておっくうなものです。でも手順リストを書き出すと不思議と簡単に始められるモノです。

雷に打たれた過去を思い出しその機会を再現し続ける

これまでの自分を振り返ると「変わろう」と決心する直前には必ず雷に打たれているはずです。ショックを受けたり、怒りを感じたり、悔しかったり・・・そういったモチベーションのドライバーとなるきっかけは人生において宝物です。再現できるように振り返って起きましょう。


ミリオンセラー作家、グレッチェン・ルービンさんの最新作 NYタイムズのベストセラーにもなりました。

グレッチェン・ルービン著
人生を変える習慣のつくり方

「意志の力」ではなく「正しいやり方」を知ることで誰でも理想の習慣を手に入れる。

・行動の40%が習慣に支配される
・ 「成功している人の真似」だけは絶対するな!
・ 「やることリスト」をつくれば9割は「できる」ようになる
・愛煙家がひと晩でタバコをやめた理由
・結局、習慣化できることに共通する条件
・たった5分のジョギングでも毎回続けることに意味はある?

合わせて読みたい:

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です